ページ

swf

title

奉納\弁護士妖怪大泥棒神社・金沢地方検察庁御中
記録作成等の措置を講ずべき弁護士ツイート他

2016年10月8日土曜日

告訴状の下書き)「女性新入社員の自殺 長時間労働が原因として労災認定」というニュースと、落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートの本件告訴事件の関連性

2016-10-07 金曜日 23:16 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/07 21:26: https://twitter.com/yjochi/status/784369371795697664

引用→  検察庁にいた時、月に300時間残業した事務官の話を聞いたことがある。いつ寝ているのか不思議がられていたとのことだった。→「電通」の女性新入社員の自殺 長時間労働が原因として労災認定 #ldnews https://t.co/AtoSmYnRJ2

 労災認定のニュースのことは前回の項目である次のブログ記事の終わりの方でも取り上げています。

告訴状の下書き)日弁連の死刑廃止宣言に関連した小倉秀夫弁護士、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)、深澤諭史弁護士のツイートのまとめ,http://hirono2016k.blogspot.com/2016/10/blog-post_53.html

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートのタイムラインは、昨夜久しぶりに見たように思いますが、それからの更新は少なく、今のところ他の弁護士のタイムラインで盛り上がっている日弁連の死刑廃止宣言関連のツイートもないようです。

 時刻はちょうど10月8日の0時00分になったところです。パソコンの調子が悪く動作が重くなっていたので、再起動をしていました。

 項目の見出しとは直接の関係はありませんが、昨夜見た落合洋司弁護士(東京弁護士会)のタイムラインのツイートで、久しぶりに落合洋司弁護士(東京弁護士会)らしさを強く感じたツイートを、この機会にご紹介しておきます。小倉秀夫弁護士との変わらない共通性も強く感じました。

 順番は新しいものから過去のものへと遡っていくことになります。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/07 00:28: https://twitter.com/yjochi/status/784052644188790784

引用→  地方議会も、富山みたいな馬鹿ばかりだから廃止。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/07 00:27: https://twitter.com/yjochi/status/784052504686239744

引用→  馬鹿ばかり出てくる選挙は廃止。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/07 00:26: https://twitter.com/yjochi/status/784052334795952128

引用→  国民の主権を、すべて天皇陛下にお預けして治めていただく。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/07 00:24: https://twitter.com/yjochi/status/784051812743557120

引用→  大化の改新とまでは言わないが、建武の中興くらいまで戻って、天皇親政の美しい日本を取り戻すべきだろう。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/07 00:21: https://twitter.com/yjochi/status/784050982237843457

引用→  せっかくの大事な票を、自民とか自民の政治家に入れる輩の気が知れんわな。笑

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 22:37: https://twitter.com/yjochi/status/784024684975140865

引用→  日本を守るためには、身を捨てて、先頭に立って戦うくらいの気概を持っていない人間を防衛大臣にしてはダメだろう。口先男、口先女なんて、防衛大臣としては最低。あ、これ、一般論なので。笑

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 22:35: https://twitter.com/yjochi/status/784024177481125888

引用→  自衛隊が行くところに、防衛大臣がビビって行かないでは示しがつかんだろう。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 22:34: https://twitter.com/yjochi/status/784023922421280768

引用→  自分が防衛大臣なら、南スーダンに行って、現地を戦車に乗って走り回って治安状況を視察するがな。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 22:31: https://twitter.com/yjochi/status/784023361714200576

引用→  前に、一時、何度か国会の参考人とかで呼ばれて、国会議員と名刺交換すると、勝手に名簿に登録されてしまって、資金パーティーの勧誘が来たりするが、馬鹿らしいので全部捨てている。紙が無駄。もう呼ばれることもないので今後は減ると思うが。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 22:28: https://twitter.com/yjochi/status/784022527915937792

引用→  白紙の領収書を発行して良いことが、政権党の大臣によって公式に是認されたということだな。ヒトラーもびっくり。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 22:26: https://twitter.com/yjochi/status/784021967544299522

引用→  愛国心に満ち溢れているはずの自民党所属防衛大臣が、終戦記念日に靖国神社に参拝せずアフリカあたりをウロウロしているというのはまずくないか。泣いて済む問題ではなかろう。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 22:19: https://twitter.com/yjochi/status/784020282226855936

引用→  今は、警察内で捜査と留置が分離されているので、取調室でカツ丼、はない。古い警察署へ行くと、刑事部屋の奥に留置場があって、未分離の当時がしのばれることがある。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 22:13: https://twitter.com/yjochi/status/784018694129135616

引用→  弁護士って、攻めるのには慣れていても攻められるのには慣れていないのでは。自分の場合、検事の当時に散々攻められたのが良い経験になっている。笑→稲田氏の化けの皮が剥がれてきた #BLOGOS https://t.co/me0viC9Dln

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 22:05: https://twitter.com/yjochi/status/784016621417304064

引用→  取調室といえばカツ丼。→取調室にカツ丼 名物店閉店へ 兵庫県警本部前(神戸新聞NEXT) - Yahoo!ニュース https://t.co/98FobSiDPd #Yahooニュース

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 17:14: https://twitter.com/yjochi/status/783943610748153856

引用→  身売りって、発想が古すぎないか。→ツイッター:身売りへ、週内にも入札か 米紙報道 - 毎日新聞 https://t.co/pXNh9klAPG

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/10/06 09:34: https://twitter.com/yjochi/status/783827855801131008

引用→  この事件を担当した検事と同じ地検で勤務したことがある。→11年間で22人を殺害した消防隊員・勝田清孝の知られざる素顔【大量殺人事件の系譜】 | 日刊SPA! https://t.co/hEupDlmZWp @weekly_SPAより

 唐突感もありましたが、最後にご紹介した連続殺人事件のことは、テレビの報道で見ていてしばらくしてから、重要な舞台の一つとなった名神高速の養老サービスエリアに、たぶん初めて入った時に奇妙なぐらい感慨深く感じた思い出があります。

 一月半か長くて2ヶ月ぐらい小林運送で長距離助手をやった昭和58年の4月頃のことです。

 ベテランの刑事弁護士で同じく元検察官でもある郷原信郎弁護士にも感じたことですが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)は警察の留置場において、指定された食堂から自由に出前の注文ができることを知らないのではと思いました。

 自分の経験としても、平成11年にいた金沢中警察署の留置場で、出前で食べたカツ丼が忘れられないぐらい美味かったことを憶えているのですが、残念ながら店の名前の記憶がなく、同じ店のカツ丼を再び食べることが出来ないことをとても残念に思っています。数少ない出前の注文でもありました。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)は最近でも朝の情報番組とくダネ!で、コメントしているのを見ています。NHKを含め他の番組では姿を見ていません。どこまで本気なのかと真剣に考えさせられるところも小倉秀夫弁護士に似ていますが、どちらも社会的に成功し評価を受けている弁護士とも思います。

 独自に大きな存在感を持つ弁護士であるということでも共通していますが、落合洋司弁護士(東京弁護士会)と小倉秀夫弁護士に感じる違いは、落合洋司弁護士(東京弁護士会)の場合、不思議と酷評するツイートを見かけないことです。

 それも当然と思われるのは、落合洋司弁護士(東京弁護士会)の場合、田んぼの草刈り感覚、手が疲れる等とツイートしながらブロックをしまくってきたという事実があります。直近の確認はしていませんが、私も3つのアカウントを全てブロックされています。坂本正幸弁護士と同じです。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)のフォロワー数は0時41分現在で、34,259という数になっていますが、いつみても大きな変動はないように思えるのも、実に不思議な社会現象であり、経歴や肩書の威力の大きさを考えさせられるところでもあります。

 「過労死ゼロへ 初の白書 働く側でできること」という見出しで、放送中のニュースZEROを見たところですが、そういえば、この項目のテーマに取り上げた過労自殺労災認定の報道をニュースZEROでは見ていないように思い、パソコンに集中していて油断していたことに気が付きました。

 0時49分です。今のCMに入る前、小沢一郎の正当が「自由党」に党名変更か、という短いニュースをやっていましたが、こんなもの報道の価値があるのかと疑問に思いましたし、他で見たことのない報道でした。

 政治家小沢一郎氏の印象をすこぶる悪いものにしたのは、本人のテレビでの発言、態度もありますが、弁護士らの取り上げ、取り扱いに目に余るものがあり、落合洋司弁護士(東京弁護士会)にもその傾向があったように思います。

 「ジンベエザメ搬出 モモベエ海へ」という石川県内ニュースをニュースZEROでやっていますが、これは他のニュースでも見ていました。数年前にも同じ海に返したというニュースがありましたが、そのジンベエザメはすぐに死んでしまったというのも忘れられない記憶です。

 ジンベエザメのニュースは、のとじま水族館のことで、石川県内には他に水族館はないはずかと思います。3,4年前になりますか、のとじま水族館にバイクで行って、ジンベエザメを見ています。のとじま水族館に行ったのは2度目のことで、初回は平成3年のことで、6月中であったように思います。

 大きな水槽でしたが、水族館でのジンベエザメの姿は、同じ所をぐるぐると周り続け、拘置所での独房生活を思い起こさせ、連想させるものでした。

 さきほどのニュースZEROを見ていても強く感じたことですが、オリンピックの凱旋パレードの規模の大きさと祝福の大きさを映像として目の当たりにしたことです。昼の番組では今世紀最大という表現もあったかと思います。

 とりわけて今回の南米大陸初というリオオリンピックでは、治安の悪さなどが大きな前評判となりながら、あえてそこで開催することが人類の平和への貢献であるという実行委員会のようなところの発言をテレビで見たのも、すごく印象的でした。

 個人的にスポーツ全般には関心も薄いのですが、人類の歴史における競争心の平和利用という意味だけでもオリンピックの存在意義は大きいと考えているのですが、最近は見なくなった落合洋司弁護士(東京弁護士会)のオリンピックに対する苛烈な酷評があったこともテレビを見ながら思い出しました。

 あるかないかはわかりませんが、Twitterの高度な検索から、あれば追加という作業をして、「オリンピック」をキーワードに落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートをブログの記事としてまとめておきたいと思います。

参考資料:「オリンピック」をキーワードに含む「落合洋司弁護士(東京弁護士会)(@yjochi)」のツイート・リツイート(2009-08-08 20:07〜2016-09-23 09:04)「82」件,http://hirono2016k.blogspot.com/2016/10/yjochi2009-08-08-20072016-09-23-090482.html

 思うところがあって、「小夜嵐」という言葉で検索をしたのですが、次のような物足りなさを感じる意味しか見つけることが出来ませんでした。

/**********(引用開始)**********

引用URL>>>>:http://dictionary.goo.ne.jp/jn/89460/meaning/m0u/ さよあらし【小夜嵐】の意味 - goo国語辞書

夜の嵐。よあらし。

**********(引用終了)**********/

 能登島での思い出から「伊夜比咩神社」のことを思い出しました。残念ながらネット上の情報では見つけることが出来なかったですが、宇出津祭礼委員として頼まれて購入をした能登のキリコ祭りの本には、次のように紹介されていました。

「伊夜」という言葉には「素晴らしい」との意味があり、伊夜比咩神社とは「素晴らしい女性の神」ということなのでしょう。

【楽天市場】北國新聞社出版局 能登のキリコ祭り 日本遺産 | 価格比較 - 商品価格ナビ http://bit.ly/2cXibpw

 これを読んだことが行動につながったように思いますが、今年は、初めて羽咋郡志賀町富来の西海祭りと八朔祭礼を見に行くことにもなりました。同じ富来で似ているキリコ祭りですが、八朔祭礼は、くじり祭りとも呼ばれ、能登でよく言われるのは「チャンペ祭り」です。

 七尾市の大地主神社の「チャンペ饅頭」とも共通性があるので、是非一度はこの目で見ておきたいお祭りでしたが天候にも恵まれ、どちらも納得のできる体験として自分の目で見ることが出来ました。なお、趣向も異なるらしい八朔祭礼の二日目は見に行っていません。多数のお神輿がメインになるそうです。

 能登島向田の火祭りは、稲田と強く意識させるお祭りでしたが、海の側の住宅のすぐ前で、真っ赤なヘビを見たのもすごく印象的でした。ヘビは神様のお使いとも言われますが、宇出津の春祭りの後に初めて行った遠島山公園でも、待ち構えていたようなヘビを見ています。その蛇は撮影もしています。

 能登のお祭りが、神社の神事であることを、50年を超えて生きてきて初めて意識したのも今年のことでしたが、弁護士が現世の疫病神であることを更に強く意識し、神様の目線でふざけたやつ、であることを、さらに深く考えることになったのも、今年になっての大きな転機です。

 報道されていた過労自殺で労災認定のニュースの若い女性のお名前が、「まつり」であったことも、深く広く考える契機となりました。家族がなぜ「まつり」という名前にしたのかという理由にも思いを馳せ、それが神事や神の意思につながるような気持ちにもなりました。蛇との出会いにも似ています。

/**********(引用開始)**********

引用URL>>>>:http://www.sankei.com/affairs/news/161007/afr1610070012-n1.html 24歳東大卒女性社員が過労死 電通勤務「1日2時間しか寝れない」 クリスマスに投身自殺 労基署が認定 - 産経ニュース

最長月130時間の残業などで元電通社員の高橋まつりさん=当時(24)=が自殺し、三田労働基準監督署(東京)が過労死として認定していたことを7日、遺族側弁護士が会見で明らかにした。

 弁護士によると、高橋さんは平成27年3月、東京大文学部を卒業後、同年4月に電通に入社。インターネットの広告部門を担当し、同年10月から証券会社の広告業務も入った。

 弁護士側が入退館記録を基に集計した残業は、10月が130時間、11月が99時間となっていた。休日や深夜の勤務も連続し、12月25日に、住んでいた寮から投身自殺した。

**********(引用終了)**********/

 上記はネットで調べた記事の部分引用になりますが、テレビの報道では見ることのなかったことがいくつか書かれています。テレビでは弁護士のことは出ていなかったように思います。当然にその可能性は考えていました。

 冒頭の落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートで、私が考えたことは、ニュースの本筋からは外れますが、弁護士が掛ける、警察、検察への気ままで過大な負担のことです。かねがね思い続けてきたことですが、それを具体的な数値として考える機会となりました。

 「 検察庁にいた時、月に300時間残業した事務官の話を聞いたことがある」という部分がそれです。私の本件告訴事件も、将来的に、泥棒神社の弁護士が黙っちゃない、という事態の招来が想定されるところであり、万全の準備の必要性を勁く感じてきました。

 「参考資料扱いにした過去の告訴状の下書き」などで記述をしてきたと思いますが、私は福井刑務所に服役していた時点で、安藤文さんの労災認定の妥当性を強く考えており、出所後の早い段階で、金沢市新神田の合同庁舎の労働基準監督署に直接出向いて、直談判のようなこともやっています。

 落合洋司弁護士(東京弁護士会)と小倉秀夫弁護士に共通して強く感じることは、歴史観を含め、その救いようのなさです。選ばれた人にのみ救いの手を差し伸べる神様気取りの異常性も強く感じますが、それは弁護士全般にありがちな特徴を、色濃くわかりやすくしている特異性として理解しています。

 さきほどの落合洋司弁護士(東京弁護士会)のオリンピックをキーワードにしたツイートのまとめですが、記録したブログ記事によると、次のものが最新となっています。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/09/23 09:04: https://twitter.com/yjochi/status/779109058804457472

引用→  東京オリンピックまでは警備畑主導だろう。→【登場】警視総監 沖田芳樹氏(59):日本経済新聞 https://t.co/3snWO1kIXs

 継続性のある本来のオリンピックに対する落合洋司弁護士(東京弁護士会)らしさを感じさせるものとしては、次のツイートが最新ではないかと思います。

ツイート:yjochi(落合洋司(オンラインチャット相談対応可)):2016/06/15 10:56: https://twitter.com/yjochi/status/742898508005416961

引用→  これで東京オリンピックもなくなれば、ハッピーエンドでは。笑

 6月15日のツイートとなっているので、ずいぶんと前のことです。あれからオリンピックや東京都知事をめぐる情勢も、想像のつかなかった変遷がありました。

 最近は、警察、検察批判が富に見られなくなった落合洋司弁護士(東京弁護士会)のツイートですが、数年前の批判ツイートの影響を受けて、金沢地方検察庁との対応を誤ったことは、取り返しのつかない損失であるとともに、やりきれない痛恨事であります。

2016-10-08 土曜日 02:39 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

0 件のコメント:

コメントを投稿