ページ

swf

title

奉納\弁護士妖怪大泥棒神社・金沢地方検察庁御中
記録作成等の措置を講ずべき弁護士ツイート他

2016年8月26日金曜日

刑裁サイ太のリツイートから知った記事→ 引用:裕太容疑者と面会の高畑淳子、2人で涙…自宅前では一人で歩けず : スポーツ報知

規定で面会時間は最大で15分間と決められている。2人は「ドラマで見るような、アクリル板で仕切られた部屋」(同署関係者)で対面した。関係者によると、母が裕太容疑者に対して「どれだけの人に迷惑をかけたのか、あんたは分かっているのか」という内容の言葉で叱責。母親は涙を流し、一緒に償っていくしかないこと、26日の会見で謝罪することや、逮捕後の混乱の大きさなどを伝えたという。裕太容疑者は母と話しながら涙を流したという。

 面会後は、淳子自身の希望で報道陣の前に現れず。午前9時55分に同署裏の駐車場から、後部座席をカーテンで閉め切った白のワンボックスカーに乗り込み、そのまま立ち去った。午後2時過ぎにこのワンボックスカーを都内の高畑親子の自宅に置きに来た事務所関係者は「(車の中では)何もしゃべれない感じ。憔悴(しょうすい)しているというか疲れた感じでした」と語った。

 淳子は群馬県内で弁護士と打ち合わせを行ったあと、午後5時42分に自宅へ戻った。この時には、もはや一人で歩けないフラフラの状態。付き添い女性に腰を抱きかかえられながら玄関への外階段を上り、やっとの思いで家の中に入った。事務所関係者は報道陣に「寝てないので、勘弁してください…」と思わず懇願するほどだった。

 高畑淳子と裕太容疑者は、芸能界でも仲良し親子として知られていた。裕太容疑者が子どもの頃から女手ひとつで育て上げ、近年はバラエティー番組などでの共演も多かった。

 裕太容疑者が群馬入りしたのは20日とみられる。それ以前はこの自宅で母と同居していたが、わずか1週間足らずで激変した。留置場ではテレビを見ることは許可されていない。自分のせいで弱り切った母が26日にどのような謝罪をするのか、裕太容疑者は見ることすらできない。

引用:裕太容疑者と面会の高畑淳子、2人で涙…自宅前では一人で歩けず : スポーツ報知

0 件のコメント:

コメントを投稿