ページ

swf

title

奉納\弁護士妖怪大泥棒神社・金沢地方検察庁御中
記録作成等の措置を講ずべき弁護士ツイート他

2016年9月23日金曜日

告訴状の下書き)「モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)対する、名誉毀損の刑事告訴における具体的相談に先立ち、珠洲警察署に提出する準備書面」と題する書面

2016-09-23 金曜日 16:21 >> [[ ←これからの記述範囲の開始時刻]]>>

 この「モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)対する、名誉毀損の刑事告訴における具体的相談に先立ち、珠洲警察署に提出する準備書面」と題する書面は、本書(金沢地方検察庁に提出する別件殺人未遂での告訴状)の一部分として、これから作成します。

 珠洲警察署に電話連絡したのは21日の午前中だったと思います。初めに掛けた時は担当者が不在だということで、要件を伝え、折り返し携帯電話に掛けてくれるようにお願いしました。

 12時50分ころに携帯電話に電話がなったので、すぐに出ようとしたのですが、ボタン操作の押し間違えでもあったのかすぐに切れてしまいました。着信を見ると珠洲警察署の電話番号だったので、すぐに警察署の方に電話をしました。

 次が当日のメモのようなツイートになります。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/2016年09月21日 - Twilog http://twilog.org/hirono_hideki/date-160921/asc

ツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語):2016/09/21 10:56: https://twitter.com/hirono_hideki/status/778412551205969920

引用→  珠洲警察署に電話。10時47分から55分ころまで。取次を含め。担当者は不在。 https://t.co/jgE1Va4eGh

ツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語):2016/09/21 12:58: https://twitter.com/hirono_hideki/status/778443319160377344

引用→  珠洲警察署にかけ直しの電話。

ツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語):2016/09/21 15:16: https://twitter.com/hirono_hideki/status/778477961502531584

引用→  再度、珠洲警察署に電話。2,3分前。書面で提出のお知らせ。

ツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語):2016/09/21 17:52: https://twitter.com/hirono_hideki/status/778517231927906304

引用→  .@Hideo_Ogura 本日、小倉秀夫弁護士とモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)@motoken_twを法律家として完全成仏、弁護士妖怪の退治とすべく、珠洲警察署に電話連絡をして、近日中に書面を提出する旨、お伝えしました。被害者の立場としてマスコミにもばらまくとお伝え

 自分なりの分析ですが、急に珠洲警察署に電話をしようと思ったのは、次のスクリーンショットにある深澤諭史弁護士のツイートがきっかけであり、動機につながったことになります。先ほど確認すると、同じ日の朝ではなく、前の晩に読んでいたツイートだったようです。

ツイート:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター):2016/09/20 19:05: https://twitter.com/s_hirono/status/778173127402676224

引用→  2016-09-20-190456_こんなことが横行していて、しかもおとがめ無しなのに、生まれてこの方、一度も罪証隠滅も逃亡もしたことの無い被疑者の勾留を安易に認めるなよって話.jpg https://t.co/Mkw4Yi3qZq

ツイート:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター):2016/09/20 19:07: https://twitter.com/s_hirono/status/778173788135579648

引用→  2016-09-20-190738_でゅーく(●―●)まんGO @nan5o 1時間1時間前高畑裕太「強姦致傷」事件の示談金は1500万円だった!(週刊文春) - Yahoo.jpg https://t.co/OS6XkhlRYS

ツイート:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター):2016/09/20 20:33: https://twitter.com/s_hirono/status/778195249025855488

引用→  2016-09-20-203255_このページは存在しません。以下の検索ボックスを使ってTwitterを検索できます。ホームに戻る場合はこちら。.jpg https://t.co/jvrNinLa9v

 よく見ると19時5分というまだ夕方という時間帯でのスクリーンショットでした。寝る前に近い夜遅い時間と思っていたのですが、意外に早い時間で、それだけ長い間、深澤諭史弁護士のツイートのことを反芻し続け、珠洲警察署への電話連絡につながったということになりそうです。

 すでに本日作成の別の項目で触れたと思いますが、大きなきっかけになった深澤諭史弁護士のツイートの内容は、次になります。これも再掲になるはずかと思います。

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/09/20 18:10: https://twitter.com/fukazawas/status/778159315010121729

引用→  こんなことが横行していて、しかもおとがめ無しなのに、生まれてこの方、一度も罪証隠滅も逃亡もしたことの無い被疑者の勾留を安易に認めるなよって話ですな。<改行>(・∀・#) https://t.co/5qclM9BWZS

 このツイートだけを読むと、何の話かわかりませんが、リンクになっているURLのツイートを見ると、高畑裕太氏の強姦致傷事件に関連したものだとわかります。

ツイート:takeshiful(こんたけ㌠):2016/09/20 18:08: https://twitter.com/takeshiful/status/778159008309977088

引用→  >捜査関係者の証言や捜査資料を元に事件の全容を再現。<改行><改行>これ捜査員の守秘義務は一体どうなっているんでしょう。性犯罪で、しかも示談の末に不起訴になった案件なのに…。

 今見ると、上記のツイートの直前のリツイートが消えていました。リツイートしていたツイートが削除された可能性もありますが、とりあえず次がスクリーンショットです。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター) 日時:2016-09-23 18:17 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/779248233239355392

2016-09-23-181706_これ捜査員の守秘義務は一体どうなっているんでしょう。性犯罪で、しかも示談の末に不起訴になった案件なのに…。.jpg https://t.co/Yp7Lyc0TIf

 やはり元のツイートが削除されていましたが、この、でゅーく(●―●)まんGO、という弁護士らしきアカウントは、短期間でそれまでのツイートを全て削除していることを思い出しました。次がスクリーンショットになりますが、読み込めているのは9月21日のツイートまでです。

投稿者:s_hirono(非常上告-最高検察庁御中_ツイッター) 日時:2016-09-23 18:27 ツイート: https://twitter.com/s_hirono/status/779250777369956352

2016-09-23-182712_でゅーく(●―●)まんGO @nan5o 9月21日ふと思い出したこと】起訴状を弁護人に送達する規定はない.jpg https://t.co/cZtIV5LGCd

 深澤諭史弁護士のようにプロフィールに弁護士であることを明示しているわけでもないので、さほど問題視することではないような気もしますが、一週間も経たないうちに定期的に過去のツイートを全て削除しているというのは、一般人でも他に見たことがなく、社会人としての常識から疑いたくなります。

 次が削除されたツイートの内容です。データベースに保存されていたデータになります。

>>引用>高畑裕太「強姦致傷」事件の示談金は1500万円だった!(週刊文春) - Yahoo!ニュース https://t.co/Lmn7ww9XyA スプリングセンテンスさまからこの取材手法は大いに学ぶべきかもしれないね

 あまりよく憶えていなかったのですが、「スプリングセンテンスさまからこの取材手法は大いに学ぶべきかもしれないね」というのが、削除したアカウントのリンクの記事に対するコメントだったようです。ずいぶんと皮肉を込めたような発言ですが、ほんの一部しか伝わっていません。

 マスコミに対する批判的な姿勢は、深澤諭史弁護士にも強く感じられてきたものですが、モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)をお手本にしてきたのではないかと考えることも多々ありました。部分的な継承とも言えます。

 マスコミに対する不信や批判は昔からごく身近な存在となっていて、ひところはマスゴミという言葉もよく見かけましたが、極端でわかりやすい傾向性のある深澤諭史弁護士などを見ていて、適切な判断に必要な情報をできるだけ与えない下心が、弁護士の泥棒根性の本質の一つだと考えるようになりました。

 深澤諭史弁護士は弁護士になったことで、特別な能力と特典が装備されたプレイヤーとして人間社会をゲームの世界観で見ているのではないかと考えることがあり、これまでもそれらしいツイートを目にしてきましたが、昨夜から今日の午前中の間に、より鮮明なかたちでのツイートを見ることが出来ました。

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/07/27 09:44: https://twitter.com/fukazawas/status/758100645551276032

引用→  異世界の勇者「うちの世界じゃ,『魔王を倒せ』と王様はいうのだけれども,50ゴールドと最安装備しかもらえないんだ。酷いだろ。」<改行><改行>法クラの勇者「先払いしてもらえるだけいいじゃないか。こっちの王様(冒険者テラス)じゃ,実費も後払で下手すりゃ踏み倒されるんだぞ」<改行>#法クラクエスト

ツイート:fukazawas(深澤諭史):2016/07/27 09:50: https://twitter.com/fukazawas/status/758102303761047552

引用→  冒険者テラス「隣町に魔王軍が向かっている!隣町を救うため,直ちに急行して下さい!」<改行>(討伐後)<改行>冒険者テラス「魔王軍の到着後のため,報酬はゼロゴールドです。」<改行>#法クラクエスト

 今、上記のツイートを探すのみ深澤諭史弁護士のタイムラインをたどっていると、見覚えのあるツイートを深澤諭史弁護士のリツイートとして発見しました。確認の必要がありますが、深澤諭史弁護士のリツイートとしても前に見ているような気がします。

ツイート:hikini9_motu(ひきにく):2016/06/07 21:44: https://twitter.com/hikini9_motu/status/740162391384588288

引用→  元始、司法修習生は太陽であった。真正の人であった。今、修習生は月である。貸与金に依って生き、法の光によって成仏する。病人のような蒼白い顔の月である。私共は隠されてしまった我が給費制をいまや取戻さねばならぬ

 データベースで調べると、やはり初めてのリツイートではなかったですが、想像したような複数回の繰り返しではなく、2件目になっていました。

リツイート:fukazawas(深澤諭史)>2016/06/21 11:05/2016/06/07 21:44> https://twitter.com/fukazawas/status/745075114111205376

hikini9_motu (ひきにく)> https://twitter.com/hikini9_motu/status/740162391384588288

引用>  元始、司法修習生は太陽であった。真正の人であった。今、修習生は月である。貸与金に依って生き、法の光によって成仏する。病人のような蒼白い顔の月である。私共は隠されてしまった我が給費制をいまや取戻さねばならぬ

リツイート:fukazawas(深澤諭史)>2016/09/23 14:35/2016/06/07 21:44> https://twitter.com/fukazawas/status/779192403508891648

hikini9_motu (ひきにく)> https://twitter.com/hikini9_motu/status/740162391384588288

引用>  元始、司法修習生は太陽であった。真正の人であった。今、修習生は月である。貸与金に依って生き、法の光によって成仏する。病人のような蒼白い顔の月である。私共は隠されてしまった我が給費制をいまや取戻さねばならぬ

 連続テレビ小説とと姉ちゃん、出てきたフレーズをもじったものと思いますが、彼らには弁護士業界の斜陽、衰退、不振が、すべて弁護士業界意外に原因があり、自分たちはそのとばっちりを受けた被害者であると声たかだかに訴え、不満をつのらせているふしがあります。

 同調性があるからのリツイートなのだと思いますが、このような手合は、深澤諭史弁護士の周りに主に深澤諭史弁護士のリツイートとして、湧いてくるように出てくる、「さまよえる弁護士人」とでも名付けたい人々です。

 「貧すれば鈍する」という言葉がありますが、「小人閑居して不善をなす」とも言いますが、時間が自由になることを差し引いて考えても、尋常でない数のツイートをやっているのも、多くの弁護士に見られる特徴で、他に調べることや考えることで、研鑽し信頼を増すという考えがないのかと思います。

 ツイッターで四六時中ツイートしているような弁護士もかなりの数いますが、実績と定評のある弁護士もいて、その代表格の一人と目されるのが、マスコミに「無罪請負人」などともてはやされた 弘中惇一郎であって、事務所が受任した案件として久々に社会の注目を集めた事件があります。

 広く社会に知られるところになったと思われる大物女優高畑淳子氏の息子の高畑裕太氏の強姦致傷事件ですが、示談成立から起訴猶予処分の釈放となり、その直後に出したコメントが、社会に疑問を巻き起こしたことでも、これまでの弁護士に対するイメージを大きく変えた問題です。

 もう一年以上の期間に渡るように思いますが、弁護士が全面に出て関わり、マスコミに取り上げられる事件というのは、ほとんど例外がないと思えるぐらい、想像を超えて惨憺たる結果になっていると見ています。

 その直近が、弘中惇一郎が関わる強姦致傷事件ですが、世間の見方が変わってきたことがより大きな要因とも感じます。魔法が通用しなくなったとも見えますが、積み重ねた国民の学習能力が奏功し始めた成果とも考えています。実質的な市民社会の熟成であり、大勢の風向きが変わったとも見ています。

 私も長い時間をかけて刑事事件や刑事裁判に関心を持って取り組んできましたが、まるで共通した問題点の集大成のようになったのが、高畑裕太氏の強姦致傷事件でした。

 そして、その高畑裕太氏の強姦致傷事件に対する深澤諭史弁護士の反応が、連鎖反応のようにモトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士の刑事処分の実現に向け、大きな一歩を踏み出すきっかけともなったので、実に感慨深いものがあります。

 ネット上の情報として広く深く、一通りのことは理解したつもりでいた事件でしたが、本日、実際に読んだ週刊文春の当該記事は、私なりの分析に基づく予想や見立てを崩し、視野を広める、具体的な判断材料としての内容となっていました。

 本件告訴の事実関係の主要な部分は性犯罪でもありますし、とても参考になることが多く、自分が伝えるべき内容として、これまで以上に深く考えさせられるところがありました。

 この項目は、「モトケンこと矢部善朗弁護士(京都弁護士会)と小倉秀夫弁護士(東京弁護士会)対する、名誉毀損の刑事告訴における具体的相談に先立ち、珠洲警察署に提出する準備書面」の序章という位置づけになりますが、この名誉毀損での告訴を全容解明における露払いとも位置づけています。

 昨日は早朝の4時20分ぐらいに家を出て小木港の東一文字堤防にアジ釣りに行き、家に戻ったのが19時半に近い時間だったと思います。当然、日中はテレビなど見ていないことになるので、前日の21日になるのかと思いますが、テレビでたまたま気になる特集を2つ見ました。

奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語(@hirono_hideki)/2016年09月21日 - Twilog http://twilog.org/hirono_hideki/date-160921/asc

リツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語)>2016/09/21 09:02/2016/09/21 07:22> https://twitter.com/hirono_hideki/status/778383947113779200

vivit_tbs (TBS 白熱ライブ ビビット)> https://twitter.com/vivit_tbs/status/778358778026614784

引用>  9/21(水)ビビットは・・・<改行>★台風でどうなった?豊洲新市場地下の水は?<改行>★中田敦彦のFOCUS 横浜ゴミ屋敷を徹底調査<改行>★千原ジュニアさん直撃! 結婚後の秘話語る<改行>★夫に対する不満ある?街角大調査!<改行>★福原愛選手結婚きょう会見・・・<改行>国分太一/真矢ミキ/テリー伊藤#tbs

ツイート:hirono_hideki(奉納\さらば弁護士鉄道・泥棒神社の物語):2016/09/21 08:46: https://twitter.com/hirono_hideki/status/778379761299001344

引用→  中央市場は全国に64あって、そのうち都内に11あるという。テレビのモニーングショーという番組。人形供養もやっていた。

 見落としていたので時間は前後になりますが、上記のメモ的なリツイートとツイートをみると、モーニングショーという番組で人形供養の特集を見た後、別のチャンネルのビビットという番組で、横浜のゴミ屋敷の特集を見たことになりそうです。

 導入部分としての説明という序章の目的は果たしたので、以下は独立して細分化した項目として、記述を進めます。これまで同様、項目は一つに対応したブログの記事となります。

2016-09-23 金曜日 20:21 << [[ ←これまでの記述範囲の終了時刻]]<<

0 件のコメント:

コメントを投稿